太眉でもナチュラルな眉毛で

太眉でもナチュラルな眉毛で

 

手入れの行き渡っていない眉毛はコンプレックス

 

私が1番気をつかっている部分、それは眉毛です。私の眉毛は他の人の眉毛と比べても毛が太く、丈夫です。また、剃っても抜いてもすぐ生えてきてしまいます。小学生の頃まで眉毛を気にせず毎日を過ごしてきましたが、ある日クラスの子に「眉毛太いね。」と言われたのです。小学生ですから悪気はなかったのもわかりますし、深い意味がなかったのもわかります。しかしその当時の私は物凄く衝撃を受けました。正直ショックでした。当時細眉が流行っていたせいもあります。それからというもの自分の太い眉毛を気にして眉毛下でパッツン前髪スタイルをして眉毛自体を隠すようになりました。前髪を結んでのアップスタイルなんて夢のまた夢。風が吹いて前髪がなびくたびビクビク過ごしていたのを思い出します。

 

私の眉毛は太く丈夫。肌も白いので存在感があります。抜いても剃っても青く眉毛のあとが残ってしまいます。また、すぐ生えてきてしまうのです。なので極力剃ったり抜いたりせず、脱色し、眉毛の存在感を軽くしようと努力しています。また、ペンシルも薄目のカラーを選択。頻繁に脱色は肌に負担がかかるので、明るめかつベージュに近い眉毛用のカラーマスカラでカラーチェンジをするようにしています。すると眉毛の自己主張が薄れます。アイメイクにも力を入れて眉とのバランスを取ります。あとは必要のない箇所を抜いたり剃ったりしていく、という手入れ方法です。長さは短すぎると眉毛用マスカラがうまく乗らなくなってしまうので適度な長さを残すように心掛けます。

 

見た目の印象は目元から

 

理想の眉毛になったらしたいこと、それはアップヘアと前髪をのばして分けること、です。どちらも大人っぽいヘアスタイルだと思いますし、ドレスシーンから何気ないシーンでも自分をクールに演出してくれます。自信を持って眉毛を出す、些細なことですが私のしたいこです。

このページの先頭へ戻る