まゆ毛でなりたい自分になる

まゆ毛でなりたい自分になる

 

洗練された印象を作れるのが眉のメイク

眉毛ほど、メイクのしがいがある部位はありません。
また、ぼさぼさ眉毛でなく、整えられ、お手入れをされている眉をしていると、それだけで、周りの人から、生活にゆとりのある、清潔な印象の人だと好感を持たれます。
口紅や、チークは、わかりやすくその人の印象を伝えられるメイクアイテムですが、眉毛はそういった色味を差すこととは別でありながら、実は顔の中で一番とも言えるくらいに見る人に与える印象を大きく変えることのできる部分なのです。
また、眉の毛の流れも、下向きに梳かせば古風な印象になり、上向きに梳かせば元気があるイメージにを作り出してくれる、と、ひと役買ってくれます。

 

 

普段のお手入れで大切なのは、自分の形を大事にすること

眉毛のメイクはとても流行のある部位です。
ひとときは細い眉が女優眉と言われて人気がありましたが、今は昭和眉と呼ばれるように、太めの眉が人気だったりと、時代の流行に影響を受け、そして与えているのがこの眉メイクです。
ですので、自分本来の眉毛を大切にすることが肝心です。
そのときどきの流行りに合わせて抜いていたらある部分だけまったく生えてこなくなったというのは事実で、実はよく聞く話です。
「眉毛は毛抜きで毛根から抜かない」と覚えておきます。
もともとの毛の質が濃い場合でも、抜くのではなく、剃ることをおすすめします。
また、髪の毛の色と揃えて眉毛の色を抜く方もいますが、眉は、瞳に近く、顔の中でのその位置はとてもデリケートです。
セレモニーへの出席や特別なパーティーシーンなどの場合は別ですが、普段のお手入れで自分本来の眉毛を大事に健康に保っておくことが、流行眉を作り出せる秘訣と心得ておくのが良いようです。

 

 

好きなファッションは、実は眉毛から

まゆ毛でなりたい自分になる
その日の眉メイクがばっちり思う形に決まると気分は上がります。
意思の強い自分、従順そうで柔和な自分、そして、上品な自分。
眉毛次第で顔の印象は本当に大きく変わり、なりたい自分を強く演出してくれます。
眉をうまくメイクすることは、一朝一夕ではできませんが、汗や水分に強いアイブロウペンシルの開発の勢いは、とどまることを知りません。
心強いですね。
街ですれ違い、素敵な眉を描いているな、と思える方は、鏡の前で何度も何度も練習している人たちです。
自分の大好きな眉を書けるようになったら、
その日の自分は、憧れの装いもきっと似合います。
なりたい自分に近づけるように、
今日も眉毛を見つめて、楽しく腕を磨きましょう。

このページの先頭へ戻る