早めに目元の対策を

 

早めに目元の対策を

 

年齢を表す大切なところ

 

よく、テレビやネットなどで目元に年齢が出るという事を聞きます。
歳をとるごとに目元がたるんできたり、小さなシワから大きなシワになったりします。
実際老けて見える人の写真を見て、どうして老けてみえるのだろう。
と考えたときに、ほうれい線かな?と思いますが、実際にほうれい線を隠してみてもやはり老けて見えてしまいます。
目元が少し加齢でたるんでいるせいで老けてみえるのです。
下の皮膚だけではなく、上のまぶたも重力のせいかたるんでいるように感じます。
そして、歳を取ったと感じた人に、どこをケアすればよかったと思いますかと聞いたところ、目元のケアをもっときちんとしておけばよかったという方が沢山いらっしゃったそうです。
そのため、早いうちから目元のケアには力を入れることが必要だとおもうので、毎日ケアを心がけています。

 

 

保湿してマッサージを。頭皮にもケアを

早めに目元の対策を
顔のケアといえば、保湿という方法が多く挙げられます。
目元のケアにも保湿が大切だと思います。
目元専用のアイクリームを目の周りに塗り、軽くマッサージしてあげます。
マッサージする時は、皮膚との摩擦が減るように優しく、しっかりアイクリームをつけてマッサージをします。
また、顔の皮膚と頭の皮膚は繋がっているため、頭皮のケアも大切です。
いくら目元、顔をマッサージしてリフトアップしても、頭皮が固いとすぐに顔が下がってきてしまいます。その為、頭皮マッサージをしたり、定期的にヘッドスパに行ったりして、頭皮にもケアをしてあげます。

 

写真も恐くない

歳を重ねて、目元がたるんだりくすんだりすると、写真を撮る事も億劫になります。
撮った写真を見たとき、自分の目元を見てショックを受けてしまうかもしれません。
しかし、しっかりケアをしていれば、していない自分とは必ず差がでると思います。
結果がでれば、写真を撮る事も恐くならないと思います。

このページの先頭へ戻る