女子力診断!男も注目!女子力UPを目指す女性の美学!

大切なまつ毛のお手入れ方法

大切なまつ毛のお手入れ方法

大切なまつ毛のお手入れ方法

 

 

職業:主婦
年齢:40歳
性別:女性


 

 

女性らしくをアピールできるパーツ

 

長くて濃くて量があるまつ毛は、女性にとって憧れですね。
なのにまつ毛はとてもお手入れが大変。
もともと短い、薄い、量が少ない人もいるし、十分である人でもまつ毛は繊細なのですぐに抜けてしまったり。
同じ顔だちでも、まつ毛がしっかりしている人とそうでない人の印象はかなり差があるとのこと。
ならばお手入れをしっかりとして、丈夫なまつ毛を育成したいですよね。
それに自まつ毛がしっかりしていれば、すっぴんやごく軽い化粧のお顔でもそれなりに見えるものです。

 

 

これを実感したのは私が妊娠・出産を経験した時です。
出産は女性の大仕事。
それを無事終えたあとは自分のことなんて二の次三の次です。
そんな時に目元メークしている時間と体力の余裕はありません。
こんな時でも自まつ毛がしっかりとしていれば、急なお友達の来訪にも耐えうる顔でいられると思ったのです。

 

 

マスカラの落とし方

 

クレンジングの時に、マスカラも同時に落とせるタイプのものを使っていませんか?
そしてファンデーションを落とすのと一緒にマスカラ部分もクルクルと落として、目の部分を真っ黒状態にして落としていませんか?

 

それはとても雑なクレンジングだと思います。
私の方法はこうです。まずコットンにポイントメイク用クレンジング剤を取って、それを下まぶたに置きます。
次に綿棒で、まつ毛を拭いながらコットンに落としていくのです。
この方法だと目元にマスカラがつくことがありません。何もしなくても皮膚が薄い敏感な部分なので、刺激は最小限にしたいです。
この後に、全体のクレンジングをするのがいいと思います。
正しい落とし方に加えて、日中のお手入れも意識したいですね。
最近は美容液成分入りのマスカラが多いですのでそれを使うようにして、まつ毛のボリュームや長さをアップしながらまつ毛のケアをしています。

 

 

どこで誰と会っても自信を持てる

 

きちんとお手入れしたまつ毛で自分に自信が持てると、どこで誰と会っても余裕のある自分でいられますね。
子どもを連れて公園に行くと、初対面の方と一緒になることもありますが、そんな時でも積極的になれたりするのではないでしょうか。

トップへ戻る